スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)

 「ミスターサマータイム」「アメリカンフィーリング」などのヒット曲で知られるサーカスの原順子と叶央介が結成したユニット、J&Oが「おかえりなさい心の故郷へ」と題したライブを27日、ビルボードライブ大阪で開く。「ふるさとに帰ってきたようにリラックスしていただけたら」といい、夫婦らしく息の合ったコーラスで癒やしの音楽を聴かせる。

 現在、サーカスとしての活動が8割、J&Oとしては2割。一人一人の役割がきっちり決まっているサーカスとは違って、「自分の個性を自由に発揮できるのがJ&O」と2人はいう。

 最近、2人は地方でのコンサートなどで地元住民らと交流、コンサートの最後に一緒に歌う「声の学校」に力を入れている。

 その目的について、叶は「ネットの普及で、他人とコミュニケーションをとるのが苦手な人が増えています。声を合わせることによって、心のつながりが生まれるような場を提供できれば」と説明する。

 「声の学校」は徐々に広がりをみせており、2人はさらにその発展形として、商店街を舞台にした「ゴスペル・クワイヤ(合唱団)」も計画している。「文字通り、商店街で、みんなで歌うんです。最初は、私たちの大好きな大阪でと思ってます。天神橋筋商店街なんかいいですね」と原。

 27日のライブをそのとっかかりにしたいといい、2人は「詳しくはいえませんが、客席と一緒になって歌う場も設けます」と話す。ライブでは、J&Oバージョンの「ミスターサマータイム」のほか、美空ひばりの「リンゴ追分」や「アヴェ・マリア(カッチーニ)」などをジャズ・アレンジで歌う。

 午後4時半開演と7時半開演の2ステージ。TEL06・6342・7722。(古野英明)

両陛下が葉山からご帰京(産経新聞)
日本船侵入の動機は撮影させること(産経新聞)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
感染、写真で迅速に判断…農水省通知(読売新聞)
生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)
スポンサーサイト

<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)

 政府は7日、駐中国大使に伊藤忠商事の丹羽宇一郎相談役(71)を起用する方向で調整に入った。実現すれば1972年の国交正常化以来、初めて民間からの起用となる。菅直人首相が鳩山前政権から検討事項として引き継いだ「政治主導」人事の一環。

 丹羽氏は名古屋市出身。伊藤忠商事の社長、会長を経て今年4月から相談役。安倍、福田両政権で政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めたほか、今年3月まで地方分権改革のエンジン役を担う「地方分権改革推進委員会」の委員長を務めた。長年ビジネスを通じて中国との結びつきが深いことで知られ、毎年中国を訪れているほか、北京市や江蘇省の顧問会議メンバーなどを務めている。

 中国との間では、鳩山由紀夫前首相が5月31日、来日した温家宝首相と東シナ海ガス田開発の条約締結交渉に入ることで一致。一方、中国海軍ヘリが海上自衛隊護衛艦に至近距離まで接近するなど、中国の海軍力増強が懸念される事態も起きている。課題が山積しているだけに、外務省内には「民間出身で乗り切れるか」との慎重論も出ている。【上野央絵】

【関連ニュース】
日中首脳会談:友好ムード演出 韓国艦沈没は中国に配慮
鳩山首相:中国の温首相と会談 「ガス田」早期交渉で一致
日中首脳会談:思惑一致、友好演出 韓国哨戒艦事件の議論、成果なく
聞きたい:09衆院選/5止 地方分権推進委員会委員長・丹羽宇一郎さん
日中首脳会談:「ガス田」早期交渉で一致 局長級視野に調整

<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)
横浜の弁護士が事務所内で刺され重傷 30歳くらいの男が逃走か(産経新聞)
死亡時画像診断の活用で検討会設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
「オウム関与」公表適切=長官銃撃のアレフ苦情に―都公安委(時事通信)
日中首脳会談「ヘリ接近」「哨戒艦」成果なく(読売新聞)
プロフィール

せきのわたるさん

Author:せきのわたるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。